皆様こんにちは、voulez vous(ヴーレ・ヴー)の田邉です。

 

いつもオフィシャルブログをご覧下さりありがとうございます。

 

早いもので2月も残すところあと数日、 日ごとに気温も暖かくなり徐々に春めいてまいりました。 来月の今頃は桜の花もチラホラ見られることでしょうね。

 

先日、大阪市立美術館にて開催されている「フェルメール展」へ足を運びました。

 

【久し振りの天王寺、随分と様変わりしていて驚きました。「てんしば」では芝生の上でのんびりとくつろぐカップルやファミリーで賑わっていました。】

 

ヨハネスフェルメールは17世紀を代表する風俗画家。

 

窓から差し込む光が印象的な作風から光の魔術師と呼ばれています。

 

【何年か前に京都市美術館で観た「フェルメールからのラブレター展」では「手紙を書く女」「手紙を書く婦人と召使い」が重複していましたが、初来日の「取り持ち女」や「恋文」等ずっと楽しみにしていました。】

 

何年か前に「フェルメールからのラブレター展」で観た作品が2点ありましたが、今回は個人的に「恋文」という作品に凄くひかれました。

 

今でこそメールやSNSを使うことで、世界中どこに居ても瞬時に想いを届けることが出来るのですが、当時の手紙がどれだけ尊いものであったかをフェルメールの風俗画から感じ取ることが出来ます。

 

女性が手紙を読む不安げな表情、後ろで優しく微笑む使用人、そして優しく差し込む光・・・この手紙が女性にとって吉報であることを想像させます。

 

【5月12日(日)まで開催されています。過去最大の6点もの作品をご覧になれます。】

 

 

 

「平成の時代に想いを伝える、voulez vousのダイアモンドエンゲージリング!!」

 

いよいよ平成の時代もあと2ヶ月となりました。

 

お二人が誕生して、そして出逢い、沢山の想い出を作った平成の時代に、きちんと想いを伝える・・・素敵だと思いませんか?

 

【voulez vous(ヴーレ・ヴー)の人気ダイアモンドエンゲージリング「Milk Crown」♪王道のプラチナ×6本爪のシンプルデザイン!!ミルクの上からしずくを落とした時の王冠をイメージ。もちろんアンティーク調のゴールド艶消しに変更も可能です。】

 

今がラストチャンスです!!

 

voulez vous(ヴーレ・ヴー)では3月17日(日)までにオーダー頂ければ4月末までにお渡し可能です!!

 

【アンティーク感あふれる新作「Bliss」♪両サイドのラージメレーがよりセンターダイアモンドを引き立ててくれます。マリッジリングはオールドスタイルのミル打ちデザイン「Mill Classic」と合わせてみました。】

 

もちろんカスタムオーダーでお二人のこだわりをカタチにしていきますので、細かなテクスチャーの変更や彫刻等ご相談させて頂きます。

 

彼が一生懸命に選んでくれた一粒のダイアモンド、見る度に幸せを感じ取ることが出来る一生の宝物。

 

是非このチャンスにお近くのvoulez vous(ヴーレ・ヴー)までお気軽にお越し下さい。

 

【一生に一度のプロポーズ♪あなたの想いをダイアモンドに込めて・・・。平成の時代の締めくくりはお二人の一生の想い出に!!】

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です